脂っこい食事が欠かせない肥満のための「キトサン」の健康パワーとは

 

ドラッグストアのサプリメント売り場で「キトサンサプリ」を目にしたことがあるかもしれません。

 

キトサンは主に甲殻類の殻から採れる「食物繊維」で便秘を解消する効果や、脂肪の消化と吸収を穏やかにする効果、他にもいくつか体に嬉しい効果が期待できる栄養素です。

 

キトサンが持つ効果について詳しく見ていきましょう。

 

キトサンとは?

siri-684881_640

 

「キトサン」は主に甲殻類(カニ、エビ)の甲羅や殻に含まれている「キチン」という主成分から抽出される動物性食物繊維です。

 

厚生労働省から健康への効果が期待できる健康食品の証である「特別保健用食品(トクホ)」として認定されています。

 

食物繊維と言えば野菜や海藻類、キノコなど植物から摂取できるものを想像する人がほとんどだと思いますが、実はキトサンのように動物から採れる食物繊維もあるのです。

 

更に食物繊維は「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、キトサンは穀類や野菜、豆類と同じ「不溶性」に分類されます。

 

キトサンを摂取することで胃や腸で水を含んで膨張し、これが腸を刺激しでぜん動運動を活発にするため宿便の排出を促す役割、更にキトサンが大腸で分解されてこれが善玉菌のエサとなり増殖するため、腸内環境をよくする役割もあります。

 

キトサンの効果とは

 

食事で摂取した脂質や塩分を腸で吸収せずに外に排出しやすくなります。つまり体内の塩分量やコレステロール値を抑

えることができ、これが最終的には高血圧や肥満の予防、メタボを解消する効果につながります。

 

またキトサンにはマクロファージ(体に侵入した細菌や異物を取り込んで消化する役割のある免疫細胞のこと)の働きを活性化する役割があることから、病気にかかりにくくする作用や、病気にかかっても治りやすくする作用があります。

 

更にキトサンには「がん細胞」の発生を抑制し、転移を防止する役割、抗がん剤治療の副作用を軽減させる役割、そして脳の神経伝達物質にも影響を与え、情緒を安定させる作用や睡眠や食欲を安定させる作用があることも分かっています。

 

キトサンを含む食品とは

 

キトサンは甲殻類の殻に多く含まれていますが、実はチーズやきのこ類、軟体動物(イカなど)の骨格部分にも含まれています。

 

市販されている多くのキトサンサプリメントはやはり甲殻類由来の成分が使われていて、例え甲殻類アレルギーのある人は、サプリメントを利用する際には原材料を必ずチェックすることが重要です。

 

心配な場合はチーズやきのこ類からでもキトサンを摂取することは可能です。

 

更に病気の治療中で薬を服用している人は飲み合わせによっては副作用が起こる可能性も指摘されているため、事前に医師に確認した方がよいでしょう。

 

キトサンはどのように摂取すべき?

 

どれだけ体にいいものでも、効果を期待して摂取しすぎると副作用が起こる心配がありますが、キトサンは1日2gまでであれば副作用の心配はありません。

 

キトサンはカニやエビの身には含まれておらず主に殻に含まれていて、殻を直接食べるのは無理です。

 

上の項で説明した食品か、ドラッグストアなどで販売されているサプリメントや健康食品で摂取するしかありません。

 

ちなみに市販されているサプリメントは1日1gが上限とされているものが多いです。

 

食物繊維は便秘を解消する効果が期待できる栄養素ですが、摂取しすぎると下痢や便秘、腹痛や吐き気などの症状を起こす原因ともなります。(野菜や海藻類などの食品で食物繊維を摂取する可能性もあるため)

 

つまり利用するサプリメントの用法用量は必ず守って使用し、摂り過ぎには注意が必要です。

 

またキトサンは空腹時に飲んでも効果はないため、食事中、もしくは食後に服用するのが基本です。