40代ダイエットはリスクが多い!気をつけるべき理由とは

男性も女性も、何歳になっても痩せてカッコよく綺麗に見られたいものです。

 

しかし特に女性は40歳を過ぎてからダイエットを始めても様々な原因でなかなか効果が出せず、イライラした経験のある人は少なくないはずです。

 

40代のダイエットがなかなか成功しない理由とリスク、40歳からのダイエットを成功させるためのコツを見ていきましょう。

 

40代のダイエットが成功しにくい理由とは

summer-368224_640

 

「20〜30代はちょっと食事を抜けばすぐに痩せることができた」

 

と感じている人でも40代を過ぎるとこの方法で簡単に痩せることは難しくなり「年齢だからしょうがない」と諦めている人もいるかもしれません。

 

そもそも誰でも年齢を重ねれば代謝効率が悪くなり、食べたものがなかなか消化されにくくなります。

 

また筋肉が増えれば代謝量を上げることができますが、全身の筋肉量は20代をピークとして次第に減っていくため、消化できないものが脂肪に変わりやすくなるのです。

 

更に女性は40代も後半になると女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が20代の頃よりもかなり減少しますが、エストロゲンには脂肪を代謝する作用があるために痩せにくくなります。

 

「特に食べ過ぎているわけでもないのに太る」

 

「20代の頃は痩せていたけど40代を過ぎて太ってきた」

 

という女性はまさに女性ホルモンが原因かもしれません。

 

 

このように年齢を重ねればダイエットをしても簡単に結果を出すことは難しくなりますが、必ずしも年齢とダイエットは関係があるとは言えず、ダイエットの方法によっては成功できた人も何人もいるのです。

 

40代からのダイエットのリスクとは

 

40代からダイエットをする時に最も好ましくないのは「少しでも早く痩せたいから」と食事を摂らないダイエット、もしくは1つの食品だけを食べ続けるダイエット、更に炭水化物を抜くダイエットで、特に40歳を過ぎてからこのようなダイエットは生命に危険が及ぶ可能性があります。

 

言うまでもなく体が栄養不足になることで少しのことで疲れやすく、体調を崩しやすく、また精神的にも楽な方法ではないと思います。

 

最初は体重を落とすことができてもダイエットやめるとリバウンドで更に太ってしまったり、食べないと筋肉も更に減っていくため、最悪の場合には動くこともままならなくなり「寝たきり」という事態になりかねません。

 

また食事を摂らずに体がカルシウム不足になることで骨粗しょう症のリスクや、女性の場合は生理不順のリスクもあります。

 

40代からのおすすめダイエット方法

 

ダイエットは少なからず体には負担となっているため、その負担を最小限に抑えるためにもすぐに結果を出そうとせず、長期的な計画を立ててダイエットをしていくべきです。

 

食事の面では「食べ過ぎずに、できれば腹八分目」を心掛けること、そして何でもバランスよく食べることが大切です。

 

「先週は飲み会が続いてカロリーの高い食事を摂ってきたから、今週は魚中心のメニューにしよう」といった工夫でも十分にバランスの取れた食事と言えます。

 

そしてほんの少し体を動かす工夫をすればよく、例えば

[normal_box2 color=”pink” border=”b2″] [imglist icon=”check2″ color=”pink”]
  • 週に何度かは歩いて買い物へ行く
  • エレベーターやエスカレーターを使わずにできるだけ階段を使う
  • 週末は家族とウォーキングをする
[/imglist] [/normal_box2]

などの工夫でも最初のころは十分です。それの他にもこちらなども参考にしてみください。

 

関連記事⇨隠れ肥満に効果あり!絶対にやるべきオススメの運動

 

関連記事⇨肥満で膝や腰に負担がかからないオススメ運動2選

 

まとめ

 

年齢を重ねてからのダイエットは「できるだけ楽しく」がキーワードで、上の項でも説明したダイエット方法であればそれほど辛さは感じないはずで、体にも負担はそれほどかかっていないはずです。

 

日本人の平均寿命は男性が80歳、女性は86歳、40代ならまだまだ人生の半分です。

 

これからの人生を健康で過ごしていくためにも、ぜひ今日からできることを始めてみませんか。