肥満の原因は早食い?食事の時間を見直すべき理由とは

「仕事が忙しくて食事をゆっくり摂る暇なんてない」「子供に食事を作ってから自分はちゃちゃっと済ませる」という人がいるかもしれません。

 

このような

 

「毎日の食事の時間が短い人」

 

いわゆる「早食い」の人ほど肥満になるリスクは高くなります。

 

忙しい人でも食事の時間だけはしっかりと作ってリラックスして食べるようにしたいです。

食事の時間と肥満の関係

clock-316604_640

今では幼児が読む絵本でも「食事はゆっくりとよくかんで食べる」と書かれている物がいくつかあり、誰でも「ゆっくりと噛んで食事を摂ることは大切」ということを分かっているはずです。

 

それでも仕事や家事育児に忙しく働く現代人にとっては「食事の時間もとれない」という人がいて、このことが体重増加から肥満になるリスクを高めています。

 

実際に行われたある調査によると、全国の女子大生に食べる速さを5段階に分けて回答してもらった所「とても早い」と回答した人の体重の平均が「とても遅い」と回答した人の体重の平均よりも6kg近く上回ったというデータがあります。

 

身長と体重から計算できる「BMI」が25以上になると「肥満」となり「とても早い」と回答した人のBMIが多い傾向にあるという結果も出ています。

 

関連記事⇨そもそも肥満ってなに?BMIとは?

 

早食いの人はどうしてもゆっくりと噛むことができません。しっかりと噛むことで唾液が分泌され、唾液の中には食べ物を消化する消化酵素が多く含まれています。

 

また食事を摂ることで血糖値が上がりますが、インスリンというホルモンが分泌されることで血糖値を下げ、この時に脂肪に変わります。噛まない人はインスリンが急激に分泌されるため脂肪が早く蓄積されやすくなるのです。

 

どれくらいの時間をかければいいの?

 

上の調査でもわかるように「食べる速さを5段階に分けて回答」と言っても実際の所、食べる速さの感じ方には個人差があります。

 

「一回の食事でどれくらいの時間をかければいいの?」と思うかもしれませんが、まずは「1口食べたら20〜30回噛む」ことを心掛けるようにしましょう。

 

1回の食事時間は1時間とは言わないまでも、できれば30分程度はとることで満腹中枢が刺激されて満腹感が得られます。

 

これにより食品が持つ栄養が体に吸収されやすくなるだけでなく、早く満腹感が得られて食べ過ぎを防ぐことができます。

 

食事を急いで食べた場合、食後90分間体重が60kgの人は420kcal(体重1kg当たり7kcal)を消費できるのに対し、ゆっくり食べると10,800kcal(体重1kg当たり180kcal)を消費できると言われています。かなりの差ですよね。

 

ダイエットをする時に体重1kg減らすのに7,000kcal消費しなければならないので、体重1kg以上を減らす量に相当し、ゆっくり噛んで食べることが大切であることが分かります。

 

早食いが及ぼす他の影響とは

 

早食いが太りやすいだけでなく、他にもいくつか悪影響を及ぼす可能性があります。

 

例えば上でも説明したようにゆっくり噛まないと唾液が分泌されにくく、唾液には虫歯歯周病生活習慣病など様々な病気を予防する物質が含まれているため、これらの病気にかかりやすくなります。

 

更に誰でも年齢を重ねれば歯を失うリスクが高くなりますが、よく噛まないと次第に硬い食べ物が噛めなくなり、栄養バランスの乱れから様々な病気になるリスクも高くなるわけです。

 

時間をかけてしっかりと噛んで食べることが肥満だけでなく病気予防にもつながるのです。

 

まとめ

 

ゆっくりとよく噛んで食べることは成長途中の乳幼児にとっても大切なことです。以前よりも運動不足と肥満の子供が増えているのは食事が大きく関係しています。

 

家族で楽しい会話をしながら食べることで子供も家族から沢山のことを学べます。

 

これまでの習慣を変えることは難しいかもしれませんが、毎日は無理でも例えば週末だけでも家族で食事をする時間を作っていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です