本当は怖い!?隠れ肥満の原因と対処法とは

「隠れ肥満」という言葉を聞くと何となく「よい言葉ではないな」と想像できると思います。

 

隠れ肥満とは「見た目は太っていないのに体脂肪が多いこと、もしくはそのような人」のことを言いますが、見た目が普通なので対策をせずに放置しがちです。

 

しかし「肥満」の人と同様に放置しておくことはよいことではないため、早めに自分が隠れ肥満になっている原因と対処法をしることが大事です。

隠れ肥満ってどういう人のこと?

dandelion-16656_640

明らかに見た目が太って見える「肥満」の人と比べて「隠れ肥満」の人の見た目は太っていません。

 

体重は標準体重内でも「体脂肪が男性で25%以上、女性は30%以上」の人のことを言います。

 

隠れ肥満になる原因として先天的な要因として「遺伝(体質)」が挙げられますが、後天的な要因として「運動不足の人」や「食事内容に偏りがある人」が挙げられます。

 

言うまでもなく運動不足の人は食べたものがエネルギーに変わることなく脂肪として蓄積されやすくなります。

 

また食事内容については「痩せるために1日1食だけ」とか、特に女性に多い「食事制限だけの極端なダイエット」をする人は筋肉量だけが減って体重は減りますが、いつまでも脂肪が減りません。

 

ダイエットは運動をしながら1日3食バランスのよい食事を摂りながら健康的に痩せていくことが重要です。

 

隠れ肥満を放置しておくとどうなるの?

 

結論から言えば隠れ肥満を放置しておくと最悪の場合、生命の危険もあります。できるだけ早めに隠れ肥満から脱出するための対策が必要です。

 

上でも説明したように隠れ肥満の人が自分では気づきにくいです。

 

体重計に乗っても「標準体重だから大丈夫」と思ってしまいがちですが、隠れ肥満を放置しておけば肥満になってしまいます。大丈夫ではありません。

 

日常生活ではちょっとしたことで息切れや動悸がしたり、疲れやすいというデメリットがあります。

 

そして高血圧動脈硬化心筋梗塞脳梗塞などの生活習慣病になる可能性があるのです。

 

更に「昔と体重が変わってないのに体験が崩れてきた」という人や「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」も隠れ肥満が原因の可能性があります。

 

隠れ肥満を改善するためには

 

病院で健康診断をした時に体脂肪の量を知ることはできますが、やはり普段から体脂肪の量を気にすることは重要で、毎日とは言わないまでも定期的に計測していきたいです。

 

自宅に体重計しかないという人はこの機会に一度「体脂肪計」や「体組成計」を購入してみてもよいかもしれません。

 

隠れ肥満を改善するためにはやはり「運動」が一番です。

 

これまで運動をする習慣のなかった人が激しい運動を初めても3日坊主で終わったり、ケガをしてしまう可能性もあるため、簡単にできる「有酸素運動」がおすすめです。

 

心拍数が少しだけ上がるようなウオーキングや水泳、そして普段車を使って移動する所へ自転車で行くだけでも構いません。

 

簡単にできる有酸素運動を1日20分程度でできれば毎日行いたいですが、2日に1回だけでも十分です。

 

「好きな音楽を聞きながら」など楽しんで続けられるように工夫をしていきましょう。

 

更に普段の食事では体の中に蓄積された脂肪をはじめとして毒素を排出する役割がある「食物繊維」を摂るだけでなく、「タンパク質」を摂ることで筋肉は落とさずに脂肪だけを落とす効果が期待できますので、積極的に取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

隠れ肥満の解消には「生活習慣の改善」から初めていかなければなりません。

 

健康診断などで「自分は隠れ肥満だ」と分かった場合「脂肪をへらさなきゃ」と意識をしすぎるとストレスとなり、更に食欲が増加する可能性もあります。

 

まずは「毎日の食事に食物繊維を含む食品を1品取り入れる」など無理をせずにできることから始めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です