女性で痩せ気味なのに肥満!?低筋肉型肥満とは

ちょっと痩せ気味の女性の間でも運動不足から、適正体重であっても不足した筋肉量を体脂肪の方が多いということで、体重は標準以内で見た目は太って見えない人でも、体脂肪率が多い人のことを「低筋肉型肥満」と言います。

 

「隠れ肥満」「痩せの肥満」と言った方が分かりやすいかもしれません。

 

見た目では分からないので気づきにくく、対策をせずに放置しておくと本当の肥満になって生活習慣病を発症する可能性があるため注意が必要です。

低筋肉型肥満になる理由とは

accessory-984072_640

参考までに標準的な体脂肪率は男性は「10〜19%」、女性は「20〜29%」です。

 

標準以下であれば「痩せすぎ」、標準を超えていると「肥満」となります。

 

体脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類があります。

 

「皮下脂肪」はお尻や太もも、お腹などの皮膚の下についていてつまむことができ、次に説明する内臓脂肪よりも対策をしても減りにくいという特徴があります。

 

一方で皮下脂肪の量が多いことで生活習慣病など直接的な病気の原因とはなりませんが、女性にできやすく放置しておけばスタイルが悪くなる原因となります。

 

次に「内臓脂肪」は文字通り内臓の周囲につく脂肪のことで、女性よりも男性につきやすいです。

 

内臓脂肪が多い人は見た目でも分かりにくく、対策をせずに放置しておけば高血圧動脈硬化心筋梗塞などの生活習慣病を発症して最悪の場合に死亡する可能性があり、皮下脂肪がたまるよりはやっかいですが、対策をすれば減りやすいのも特徴です。

 

低筋肉型肥満になる理由として「運動不足」が挙げることができ、運動しないことで筋肉が次第に減っていき、これが脂肪に変化します。

 

「自分は運動不足だけど体重は増えないな」

 

という人は体脂肪率が多い可能性があるということです。

 

関連記事⇨あたなの肥満はどっち?皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは

 

関連記事⇨2種類の肥満の原因!内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

 

低筋肉型肥満を改善するための運動方法とは

 

明らかに「肥満」の人を含め、低筋肉型肥満を改善するためには「運動」をしなければなりません。

 

運動と言えばウォーキング、水泳、自転車などの「有酸素運動」がおすすめです。

 

「1日20分で脂肪が燃焼し始める」

 

と言われていますが、実は1日10分だけでも十分に効果は期待でき、できれば毎日行うようにしたいです。

 

ちなみに体重を1kg落とすためには7000kcal消費しなければならず、もちろん一度にこれだけの量を消費することは無理ですので、長期的に計画を立てて行う必要があります。

 

また運動不足で筋肉が減っているため、筋肉を作るための「筋トレ」を有酸素運動をする前に行うことをおすすめします。

 

もちろんわざわざスポーツジムへ行く必要はありません。

 

ペットボトルをダンベル代わりにしたり、テレビを見ながらの腹筋でも十分です。

 

関連記事⇨肥満には有酸素運動だけでいい!?筋トレを取り入れるべき理由

 

低筋肉型肥満を改善するために普段の食事で気を付けたいこと

 

特に女性で早くダイエットの効果を出すために「食事を抜く」という人がいます。

 

またテレビの健康番組でよく紹介されている「ばっかりダイエット」(同じ物ばかりを食べ続ける)ダイエットも栄養が偏ってよいことではありません。

 

これらのダイエット方法で一時的に痩せることがあっても、ダイエットを辞めるとリバウンドしてしまい、更に脂肪がついて体脂肪率が上がることがあるため、焦ってもよくないということです。

 

例えば

 

「体重を1kg落とすために7000kcalを1か月で落とそう」

 

と計画を立てた場合、1日(30日)230kcalを消費すればよく、これは「ご飯茶碗1杯の量」に相当します。

 

まずは「夕食だけはお米は食べない」という方法で、その分野菜に変更するという方法であればそれほど難しくはないと思います。

 

関連記事⇨見直すのこれ!肥満解消を改善する3つの食事戦略とは

 

関連記事⇨肥満は食事の時間が大事!狂った体内時計をしっかりとリセット

 

まとめ

 

「健康診断を受けて自分は“低筋肉型肥満”だということが分かった」という人が多いです。

 

自宅に体重計があって「標準内だから大丈夫」と思っている人でも、もしかすると体脂肪が多いかもしれません。

 

必要であれば体脂肪計や体組成計を準備して、2日に1回でも計測する習慣をつけることが体脂肪を減らすための意識づけになるかもしれません。