肥満は精神的ストレスが原因かも!密接な関係性とは

仕事や家事、育児などで忙しく動き回る現代人は精神ストレスを受けている人が多いと言われています。

 

精神ストレスを受けることで全身にも様々な悪影響を及ぼしますが、その一つが「肥満」です。

 

「頑張ってダイエットをしているのになかなか効果が出ない」

 

という人はもしかするとストレスが関係しているかもしれません。

精神ストレスと肥満の関係とは

busy-880800_640

一時的に大きなストレスを受けた時には食欲がなくなる人が多く、仕事や家事など慢性的なストレスで食欲が増えるという人が多いです。

 

私達の体はストレスを受けることで脳から「コルチゾール」というホルモンが分泌されますが、これには食欲を増進する働きがあるため食欲が増えて、体重増加から肥満になる可能性が高まるのです。

 

更にストレスを受けた時に脳から「セロトニン」という神経伝達物質が分泌されることで、興奮状態や食欲を抑えることができますが、慢性的にストレスを受けていることで脳内のセロトニンの量が減少し、いつまでもストレスも食欲も治まらないと言う状態になるのです。

 

一方ストレスで食欲がなくなるのは胃腸の機能が弱っているのが理由で、それでも何も食べないのはよくないので、必要であれば病院の力やサプリメントなどを活用してでも食欲を取り戻すようにしたいです。

 

辛いダイエットにしない

[normal_box2 color=”pink” border=”b1″] [imglist icon=”circle2″ color=”pink”]
  • 運動が辛い
  • お腹一杯たべたい
  • 甘い物が食べたい
  • いつまでも痩せない
  • 周囲の人にどう思われているか
[/imglist] [/normal_box2]

 

など「ダイエットは辛いこと」と誰もが感じることですが、これが更にストレスとなっていつまでも体重が減ることがありません。

 

もしできることなら「楽しくダイエット」をしていきたいです。

 

例えば「お腹一杯食べたい」のであれば野菜やカロリーの低い鶏肉などにすること、甘い物を食べたい時には朝にすること(一日の活動で糖質を消化できるため)などと言った工夫でこれまでの食生活と比べてもかなり変わってきます。

 

また、運動が辛いと感じるのであれば周囲の人に一緒にウォーキングに協力してもらい、楽しい会話をしながら、また好きな曲を聞きながら行う方法もあります。(周囲に気を付けて行いましょう。)

 

更に「5日歩いたら自分にご褒美」などの方法でもいいでしょう。

 

ダイエットは早く結果を出そうとするよりも長期的に計画を立てて行った方が高い効果が得られ、太りにくく痩せやすい体質になることができます。

 

病気のリスクを指摘された時には少し急いだ方がよいかもしれませんが、そうでなければ焦る必要はなくゆっくり行えばいいのです。

 

セロトニンを増やすための方法

 

ストレスがいつまでも治まらない場合は一度、病院などに相談した方がよいかもしれません。

 

また上の項でも説明した「セロトニン」を増やすことでストレスや食欲を少しでも緩和できるはずです。

 

朝起きた時にしっかりと朝日を浴びることでセロトニンの分泌を促すことができ、そのためには夜更かしをせずに睡眠をしっかりととることが重要になってきます。

 

またジョギングやサイクリング、水泳やエアロビクスなど一定のリズムで行う運動がセロトニンの分泌を促すと言われています。

 

自宅の階段を利用した踏み台昇降運動でも可能ですので、ぜひできることから始めていきましょう。

 

関連記事⇨肥満で膝や腰に負担がかからないオススメ運動2選

 

関連記事⇨肥満には有酸素運動だけでいい!?筋トレを取り入れるべき理由

 

まとめ

 

誰でもこれまでの考え方を変えることは簡単なことではありません。

 

それでもダイエットに成功するためには必要なことで「どうせ何をやってもダメ」ではなく「ストレスをどうすれば解消できるのか」と考えるべきです。

 

難しいことかもしれませんが「自信を持つこと」が大切で、何度も言いますが必要であればためらう必要なく家族や行政、病院の力も借りて、これ以上ストレスを溜めないように工夫していきましょう。