肥満で膝や腰に負担がかからないオススメ運動2選

健康診断で肥満と判定されて、体重を落とそうとしてウオーキングやジョギングなどの運動が思い浮かぶと思います。

 

しかしそれらの運動は肥満の人にとっては腰や膝に負担がかかるので、あまりおすすめできません。

 

そこで肥満で膝や腰に負担のかからない運動でオススメの運動を2つ紹介します。

 

エアロバイク

エアロバイクは足に体重をかけることなく、座ってできるので膝や足に負担がかからなくてすみます。

 

歩くと腰や足に体重のおよそ5倍の負担がかかり、例えば体重が70kgの人であれば

 

350kgの負担がかかることからも尋常な数字ではありません。

 

エアロバイクは足腰の負担がかからないばかりではなく、下半身だけを使うので本を読んだり音楽を聴いたしながら手軽にできます。

 

それに各自の能力に応じて負荷を調整できるし、心拍数も表示されるので効率的な有酸素運動を行うことができます。

 

また、消費カロリーの表示もありますので、目標を設定してモチベーションを高めることにも役立ちます。

 

その他にもスポーツクラブではテレビ画面が設置されているところもあるので、退屈せずに時間が経つのが早く感じます。

 

水中での運動

肥満の方で中々ウォーキングがしたいけど、膝などが痛くて出来ないという方には、陸上の運動と違って転んでけがや骨折の心配もない、で浮力を利用する足腰の負担が少ない水中での運動がオススメです。

 

水の抵抗を利用するので、膝とその周辺の筋肉を鍛えることにも役立ちます。

 

膝の周辺の筋肉を鍛えることによって筋力の向上にも役立ち、陸上の運動とは正反対に膝の痛みを改善できるという大きなメリットがあります。

 

足が悪くて走ったりエアロビクスのような陸上の運動においてドクターストップがかかっている人でも、水中での運動をすすめられる場合も多いです。

 

特に水中での運動は陸上の運動よりも多くのカロリーを消費するのでダイエット効果も高まります。

 

水中での運動は水中歩行、水中エアロビクスがあり、泳ぐことができるならば泳いでもかまいませんが、足腰に負担がかからないような泳ぎ方をすることです。

 

水中エアロビクスもインストラクターの指導によって、仲間と一緒に運動できるので楽しさも倍増します。

 

特にインストラクターの元気な掛け声は、力を奮い立たせてくれてストレス解消にも役立ち、すがすがしい気分にもなります。

 

まとめ

このように肥満の人で腰や膝に負担がかからないおすすめの運動を2つ紹介してきましたが、足腰の負担が少ないのが魅力です。

 

確かに肥満の人は普通の人よりもできる運動は限られているように思えるかもしれませんが、いずれもやり方次第ではとても楽しくできます。

 

そのような人がいきなり陸上の運動を行うと体に対する負担だけでなく、関節が変形してしまうリスクもあるので、今紹介した2つの運動に絞ってゆっくりと楽しみながら行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です