女性のダイエット中にオススメのストレッチと体操はこれ!

 

「これ以上太っちゃまずい!ダイエットしなきゃ」

 

と考えている人は「毎日の食事内容の見直し」と「運動」が重要だということがわかっていると思います。

 

しかし「運動が苦手だ」「運動するのは面倒」などという理由で、わざわざ外に出て運動することに抵抗のある人もいるかもしれません。

 

また病気やケガなどの理由で運動が出来ない人もいるはずです。

 

このような人におすすめの自宅でできる簡単なストレッチや体操をご紹介します。

 

ストレッチや体操がいい理由

stretching-498256_640

 

当然のことながら食生活が乱れていて運動をしなければ食べたものが脂肪に変わりやすく、筋肉が硬くなりやすく、少しのことで疲れやすく体調も崩しやすいなどデメリットがいくつかあります。

 

基本的には蓄積された脂肪を燃焼させ、筋肉を柔らかくするためにはジョギングウォーキングなどの有酸素運動が効果的ですが、様々な理由で外に出ることができない人には自宅でできるストレッチ体操がおすすめです。

 

筋肉には全身に血液を送る役割や、脂肪を燃焼させる役割があるためストレッチや体操で柔らかくできれば全身の血流をよくする効果が期待でき、これにより代謝量を上げることができ脂肪を燃焼しやすい(痩せやすい)体にすることができるのです。

 

ほんの少し時間ができた時に、またテレビを見ながらでも今日から試してみませんか。普段は外で運動をしている人でも雨の日にオススメです。

 

上半身におすすめのストレッチや体操

 

うつ伏せで寝て、両手を肩幅に開いて地面を支え、息を吐きながら状態を反らすストレッチで「背中」の筋肉を鍛えることができます。

 

また脚を肩幅に開いて立ち、両手を組んで頭の上へ手の平は上向きに、上半身を左右に傾けることで「腰」のストレッチになります。

 

そしてぽっこりお腹に悩まされている人には姿勢をよくして立ち、お腹と背中をくっつけるイメージでお腹に力を入れてへこませた状態を15秒ほどキープし、元に戻す運動を10セット程行いましょう。

 

ちなみに誰もが知る「ラジオ体操」は1番、2番とも3分程度ですが、全身の400種類以上の筋肉を動かすことができ、続けて行うと50kcal消費できます。これを毎日継続できれば効果的に痩せることができるでしょう。

 

下半身におすすめのストレッチや体操

 

下半身太りは簡単には解消しにくいため、大変ですが地道に行っていくことが大切です。

 

まずは椅子に座ったり立ったりを繰り返す「スクワット運動」で全身の6割程の筋肉がある下半身を引き締める効果が期待できます。

 

また階段を1段だけ上ったり下りたりする「踏み台昇降運動」で下半身太りを解消する効果が期待できます。腕をしっかりと振りながら行う方法や、ペットボトルをダンベル替わりにすることで立派な有酸素運動にもなります。

 

更にうつ伏せで頬杖をつくポーズで寝ます。両足をヒザから曲げ、左右交互にお尻に向かってかかとを振り下ろす体操をすることでヒップアップ太ももを引き締める効果が期待できます。

 

そしてあお向けで寝てヒザを立て、ヒザ左右のどちらかに倒すし顔はヒザを倒した方と逆を向ける体操を繰り返すことで便秘解消効果が期待できます。

 

まとめ

 

昨日まで全く体を動かしてこなかった人が急にストレッチや体操をすると筋肉痛やケガの元です。

 

少しずつ「気持ちよい」と思える程度に一日10分だけでも毎日継続してできるように工夫しましょう。

 

必ず息は止めずに正しい呼吸で行うこと、そして「今は体のどこの筋肉が動いているのかな」と意識すると更に効果を高めることができておすすめです。

 

言うまでもなくストレッチや体操をしても食生活が乱れていては十分な効果が得られません。できる範囲で食生活の見直しも行っていきましょう。