肥満の人は全身多汗症が多い!?原因と関係性とは

 

肥満の人は冬でもハンカチが手放せず常に汗を拭いているイメージがあって、確かに太り気味の人は普通の体型の人よりも汗をかきやすいです。

 

全身から汗をかく=「全身多汗症?」と思う人がいるかもしれませんが、一方で「全身多汗症」は病気が原因の場合もあるので必ずしも肥満の人がなるとは言えません。

 

いずれにしても肥満であることは健康にもよいことではないので改善していく必要があります。肥満と汗かき、そして全身多汗症について見ていきましょう。

 

太っていると汗をかきやすい理由

file5371276032969

 

そもそも私達の体は食べたものを熱に変えて、体の外に放出しています。

 

しかし、太っている人は体に蓄えられた体脂肪(皮下脂肪や中性脂肪)が邪魔をして熱が体の外になかなか放出され頭体の中に蓄積されてしまいます。

 

そのため太っている人は常に体温が高く「汗」という手段で熱を体の外に出そうとするのです。

 

更に太っている人は普段から運動をする習慣がない人が多いのではないでしょうか。

 

運動する習慣のある人は汗腺の機能も活発で全身から汗をかくことができますが、運動不足になると次第に全身にある汗腺の機能が衰えていきます。

 

顔や頭には全身の他の部位よりも多くの汗腺があるため少し動いただけでこれらの部位から汗をかきやすく、下半身はあまり汗をかかないのも特徴です。

 

「隠れ肥満」も要注意

 

見た目は太って見えないのに、内臓脂肪の多いいわゆる「隠れ肥満」の人も肥満の人ほどではなくても汗をかきやすいです。

 

内臓脂肪とは文字通り「内臓のまわりにつく脂肪」で、特に食生活の乱れと運動不足が原因でできやすく、女性よりも特に男性の方がつきやすいです。

 

内臓脂肪は女性につきやすい「皮下脂肪」のように見た目では分からず、生活習慣病の原因となるため早めに対策が必要になります。

 

しかし内臓脂肪の量を知るためには家庭にある体重計では不可能で、健康診断などで調べてもらわなければなりません。

 

「体重は標準内なのに汗をかきやすい」

 

という人は「隠れ肥満」を疑って一度健康診断を受けた方がよいかもしれません。

 

関連記事⇨本当は怖い!?隠れ肥満の原因と対処法とは

 

全身多汗症とは

 

全身多汗症とは文字通り全身から汗をかくのが主な症状で、多汗症に悩まされている人のほんの一部と症例は少ないようです。

 

もちろん肥満が原因で全身から汗が出るケースもありますが、その他にも

[normal_box2 color=”pink” border=”b2″] [imglist icon=”check2″ color=”pink”]
  • 慢性的なストレスのある人
  • 更年期障害
  • 糖尿病
  • リウマチ
  • バセドー病など甲状腺に関係する病気を患っている人
[/imglist][/normal_box2]

で全身多汗症の人がいるようです。

 

ちなみに顔や手の平など部分的に汗をかく症状は「局所性多汗症」と言い、この場合は皮膚科や美容外科などで部分的に汗を抑える治療を受けることで症状が治まることがあります。

 

肥満ではないのに全身から汗をかくという症状がある人は一度病院で治療を受けることをおすすめします。必要であれば心療内科などで相談することも検討しましょう。

 

全身多汗症の対策とは

 

身長と体重から計算できる「BMI」という数値で肥満かどうかを知ることができます。(わざわざ計算しなくても肥満かどうかは分かると思いますが。)

 

関連記事⇨そもそも肥満ってなに?BMIとは?

 

肥満が原因で全身から汗をかきやすくなっている人は、例えば

[normal_box2 color=”pink” border=”b2″] [imglist icon=”check2″ color=”pink”]
  • 外出時にはタオルを常に持ち歩く
  • 吸湿性と防臭性の高い下着を利用
  • 制汗スプレーを使う
[/imglist][/normal_box2]

などの対策はありますが、少しでも体重を落とすための対策をしていかなければ症状は改善しません。

 

肥満の原因となった食生活の見直しと、できるだけ毎日継続できる「有酸素運動」がおすすめです。

 

有酸素運動と言えばジョギングやウォーキング、水泳や自転車などがありますが、これまでに運動をする習慣のなかった人はケガを避けるためにも簡単にできるウォーキングから始めることをおすすめします。