トリプトファンで肥満解消!?覚えておきたい3つの効果とは

 

アミノ酸の一種「トリプトファン」を摂取することでいくものうれしい効果が期待できます。体の中では合成できない「必須アミノ酸」なので食品やサプリメントなどで摂取していかなければなりません。

 

その他にもトリプトファンは睡眠に関する悩みのある人、疲れやすい人、ストレスの多い生活をしている人はぜひ摂取したい栄養素です。

 

トリプトファンが持つ様々な効果について詳しく見ていきましょう。

 

トリプトファンとは

girl-341171_640

 

髪や爪、皮膚などは「たんぱく質」からできています。

 

このたんぱく質はわずか20種類程の「アミノ酸」で構成されていますが、そのうちの一つが「トリプトファン」です。

 

トリプトファンは生活習慣の乱れやストレスなどで減少しやすく、体の中では作り出すことができないため、食事やサプリメントなどを利用して外から補給してあげる必要があります。

 

成人一人、1日当たり体重1kgにつき2mg程摂取することが望ましいと言われていて、牛、豚、鶏のレバーの他、牛乳チーズ大豆アーモンドなどに多く含まれていています。

 

食品で摂取する場合、例えば牛のレバー50gに145mg、木綿豆腐150gに150mgのトリプトファンが含まれていますが、肉類は食べ過ぎるとカロリーオーバーになるため食べ過ぎは控え、主に大豆製品から摂取するとよいでしょう。

 

トリプトファンと睡眠に関係するホルモン

 

特に最近の若年層は食生活が欧米化(肉類、ファストフードの食べ過ぎ)してきています。

 

また、忙しく働く人が増えてストレスを感じている人が増加していることで、体内のトリプトファンの量が減少している人が増えています。

 

トリプトファンは「神経アミノ酸」とも呼ばれていて、不足すると

 

[normal_box2 color=”pink” border=”b2″] [imglist icon=”check2″ color=”pink”]
  • 眠れない
  • 不安でしょうがない
  • うつっぽい
[/imglist][/normal_box2]

 

などの症状が出てきます。

 

このような時に食べ物などで摂取したトリプトファンは脳に運ばれ、ビタミンB6など他の栄養素と合わさって「セロトニン」という物質が作られます。

 

セロトニンは「幸せホルモン」とも言われていて、セロトニンが作られることで精神を安定させる作用があるのです。

 

トリプトファンが持つその他の効果

 

「睡眠ホルモン」とも言われている「メラトニン」というホルモンがあり、体内で不足すると「夜なかなか寝付けない」などという症状が起こります。

 

上でも説明したセロトニンが作られることでメラトニンの分泌を促進する働きがあると言われていて、自然な眠りをもたらす効果が期待できます。

 

またストレスや食生活の乱れ、運動不足などが原因で私達の体には「活性酸素」が発生し、疲れや病気、女性にとっては肌荒れなどの原因となります。

 

トリプトファンは活性酸素を除去する作用があり、疲れにくく病気になりにくいだけでなく、美容の面ではアンチエイジング効果が期待できると言われています。

 

更にトリプトファンには海外での実験で鎮痛剤の効果があることが実際に証明されているなど、いくつものうれしい効果がある物質なのです。

 

サプリメントの選び方

 

トリプトファンは毎日継続して食事で摂取していくことが望ましいのですが、毎日意識することは簡単ではありません。

 

そんな時にドラッグストアなどでサプリメントが販売されていて、安価で気軽に摂取できることからトリプトファンに限らずサプリメントを利用する人が増えています。

 

しかし効果を期待して必要以上に摂取すると副作用の危険性がある栄養素もあります。

 

トリプトファンについては特に肝臓の病気治療中の人(薬を服用している人)が飲み過ぎると、症状が重くなる可能性が指摘されているため肝臓の病気を持っている人が利用する場合には事前に医師に相談しなければなりません。

 

またトリプトファンに限らずですが、サプリメントで副作用を起こさないために、サプリメントは用法用量を守って使用してください。

 

万が一、使ってみて不調などが訪れた場合は中止するのどして様子をみましょう。