2種類の肥満の原因!内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

 

「内臓脂肪は男性がつきやすく皮下脂肪は女性がつきやすい」

 

と聞いたことは誰もがあるかもしれません。

 

内蔵脂肪にしても皮下脂肪にしてもどちらも「あってはいけないもの」というイメージはあると思いますが、両者にはどのような違いがあり、どのように落としていけばいいのか見ていきましょう。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて

tulip-950751_640

内臓脂肪は文字通り「内臓の周囲についた脂肪」で食生活の乱れなどが原因で、特に男性につきやすいです。

 

内臓脂肪には内臓を決まった位置に固定するという大切な役割や、一時的に飢餓状態になった時のエネルギー源として利用されます。

 

皮下脂肪と違って見た目では内臓脂肪がついているか分かりにくいため、放置しておくと生活習慣病の原因となります。

 

一方で皮下脂肪とは「皮膚の下についた脂肪」のことで、お腹、太もも、お尻の皮膚の下についてつまむことができます。

 

皮下脂肪には体温を保持する役割や、内臓を外からの衝撃から守るという大切な役割があり、蓄積されても内臓脂肪のように病気の原因とはなりにくいです。

 

それでも皮下脂肪は女性につきやすくスタイルが崩れる原因となるため、やはり「ない方がよい」と考える人がほとんどです。

 

内臓脂肪も皮下脂肪も増える原因は運動不足と食生活の乱れで、両方ともなくても困りますが、ありすぎても困るものです。

 

こちらでも詳しく書いています。

 

関連記事⇨あたなの肥満はどっち?皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは

 

内臓脂肪の減らし方

 

内臓脂肪は皮下脂肪と比べると「つきやすいが、対策をすれば落ちやすい」という特徴があります。

 

自分では見た目は分かりにくいですが健康診断などで指摘されることが多く、内臓脂肪を落とすために難しいことをする必要はありません。

 

まず、大事なのが食生活の見直しです。

[normal_box2 color=”pink” border=”b2″] [imglist icon=”check2″ color=”pink”]
  • 肉類や揚げ物類が大好き
  • お酒を毎晩飲んでいる
  • マヨネーズなどが大好き
[/imglist] [/normal_box2]

という人は内臓脂肪もつきやすいです。

 

特にお酒を飲めばカロリーの高いおつまみが食べたくなるものですが、毎日はよくないので休肝日を作ることが重要です。

 

厚生労働省ではお酒の適量をビールなら中瓶1本程度お酒は熱燗1合と定義しています。更にお酒に強い人と弱い人がいて自分にとって適量を把握して楽しむことが重要です。

 

参考⇨厚生労働省

 

更に運動についてはウォーキングのような有酸素運動をできるだけ毎日続けることで少しずつ内臓脂肪を減らしていくことができます。

 

皮下脂肪の減らし方

 

お腹や太ももなどに溜まった皮下脂肪を放置しておくと「セルライト」の原因となり、ゴツゴツとして見た目がよいものではありません。

 

皮下脂肪は一度溜まってしまうと、内臓脂肪よりも減らすことは難しいと言われています。

 

それでも減らしていくためには上の項でも説明した「食生活の見直し」も重要ですが、更に「運動」も大切で、有酸素運動の他に「筋トレ」と「マッサージ」を加えることで、皮下脂肪が燃焼されやすくなります。

 

筋トレといってもわざわざジムへ通う必要はなく、ペットボトルのダンベル運動やテレビをみながらのスクワット、腹筋などで十分です

 

エステで「痩身」の施術を受けた際、体を温めた後にエステティシャンによるハンドマッサージが行われるのも皮下脂肪を落とすためで、お風呂に入った時などに自分でセルライトが気になる部分を「少し痛い」と感じる程度にマッサージ(揉みほぐし)しましょう。

 

筋トレ→有酸素運動→マッサージの順に行うことで高い効果が期待できるでしょう。

 

まとめ

 

「内臓脂肪は減らしやすく、皮下脂肪は減らしにくい」

 

とは言っても、やはりいずれも減らすことは簡単な努力ではできません。

 

脅すわけではありませんが「運動を1日サボるとこれらを減らす効果が半減する」とも言われています。

 

毎日対策を続けていくことでこれらがつきにくく、痩せやすい体質になることができるため無理をしない範囲で継続していきましょう。