あたなの肥満はどっち?皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは

一言で「脂肪」と言っても「皮下脂肪」「内臓脂肪」があり、両者は別の物になります。

 

更に「中性脂肪」や「体脂肪」もあって、全ての違いについて説明できる人は少ないのではないでしょうか?

 

しっかりと理解することが健康的に痩せるためには重要なことです。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは

girl-990585_640

特に女性は年齢を重ねると「お腹の周りの脂肪がつまめるようになってきた」という人が増加しますが、これが「皮下脂肪」になります。

 

お腹周りだけでなくお尻や太ももなどの皮膚の下についているため「皮下脂肪」と呼ばれます。

 

日々の食生活の乱れや運動不足が原因で少しずつ蓄積されていきます。

 

皮下脂肪は体温を保持する役割や外からの衝撃から内臓を守る役割があり、病気の直接的な原因になるわけではありません。

 

それでも一度溜まると減らすことは難しく、スタイルが崩れる原因となるため特に女性は早く対策をしていきたいです。

 

そして「内臓脂肪」とは内臓の周りにつく脂肪のことを言います。

 

「内臓脂肪は女性よりも男性につきやすい」と言われているのは男性ホルモンの「テストステロン」の分泌量が減ると内臓脂肪が蓄積されてしまうことが原因です。

 

 

内臓脂肪は皮下脂肪と違って対策をすれば比較的簡単に減らすことができます。

 

しかし放置しておけばどんどん蓄積され、高血圧や心筋梗塞などの生活習慣病の原因となります。

 

ちなみに「体脂肪」とは皮下脂肪と内臓脂肪の両方のことを指し、中性脂肪もお腹周りについたプヨプヨとした脂肪のことで日常の活動で使われるエネルギー源となりますが、運動不足で蓄積されるとやはり生活習慣病の原因となります。

 

皮下脂肪と内臓脂肪が多いとどうなるの?

 

皮下脂肪が溜まりやすい女性にとってはスタイルが悪く見えるため、やはり減らしていきたいものです。

 

そして内臓脂肪に関しては減らさないと最悪の場合には死亡する可能性のある病気になります。

 

内臓脂肪が多い人が生活習慣病を発症して死亡する可能性が16倍と言うデータもあるほどです。

 

皮下脂肪の量が多いか少ないかについては自分で目で見て確認するしかありません。

 

一方で内臓脂肪に関しては健康診断や病院でCTを使って内臓脂肪の面積を調べた時に「100平方センチメートル」以上あると基準値超えとなります。

 

またウエストを計測し「男性は85cm以上、女性は90cm以上」あると「内臓脂肪型肥満」と診断されます。

 

更に内臓脂肪型肥満に加えて血圧、血糖値、脂質などの量が基準値以上であれば「メタボリックシンドローム」と診断されます。

 

体重は標準内で見た目は痩せて見えるのに、内臓脂肪が多くついている(これを「隠れ肥満」といいます)ことで糖尿病になったと言う話もよく聞かれます。

 

皮下脂肪と内臓脂肪を減らすための食事で工夫したいこと

 

両方とも減らすためには毎日継続できる有酸素運動が効果的です。

 

「1日20分以上、有酸素運動を行うと脂肪が燃焼し始める」

 

と聞いたことがあるかもしれませんが、たった10分でも脂肪を燃焼させることは可能なので、できるだけ毎日ウォーキングなどを行っていきたいです。

 

関連⇨隠れ肥満に効果あり!絶対にやるべきオススメの運動

 

関連⇨肥満で膝や腰に負担がかからないオススメ運動2選

 

また皮下脂肪を減らすためには筋トレやマッサージによる揉みほぐしも有効です。

 

エステで痩身の施術を受けた時にハンドマッサージが行われるのは皮下脂肪を落とすためでもあります。

 

更に食事については炭水化物の量を減らすと蓄積された内臓脂肪をエネルギーとして使うため、少しずつ減らすことができるでしょう。

 

もちろん炭水化物をゼロにすることはよくないため、腹八分目を心掛けることをおすすめします。

 

関連⇨見直すのこれ!肥満解消を改善する3つの食事戦略とは

 

まとめ

 

特に落としにくい皮下脂肪を落とすためには数年単位で対策をする必要があります。

 

「いつまでに痩せなきゃ」

 

というストレスが更に食欲に向いてしまうこともあるため、長期的な計画を立てて少しずつ行っていきましょう。

 

2日に1回でも体重計に乗る習慣をつけることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です